トンカットアリ 副作用 男性ホルモン

トンカットアリの副作用について|ハゲ薄毛に影響あり?

 

 

トンカットアリ副作用

トンカットアリって結構サプリメントで販売されていて、気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

気になるのは、トンカットアリの副作用ですよね?男性ホルモンを強化するため、ハゲ・薄毛に通じるのではないか、と考える人が多いようです。

 

 

トンカットアリはテストステロンを強化するため、副作用としてハゲ・薄毛に通じるのでしょうか?

 

 

ハゲ・薄毛については、テストステロンが直接作用することはありません。

 

トンカットアリ副作用

実は、体内にある5αリダクターゼという酵素がテストステロンをDHTというホルモンに転換して初めて毛乳頭を退化させてしまいます。

 

 

そのため、5αリダクターゼを抑えるのが必要なのですが、そのために存在するのがプロペシアなのですね。

 

 

たしかにトンカットアリは男性ホルモンを強化しますが、副作用としてのハゲ・薄毛は直接には関係しません。

 

 

逆に勃起力が強化されるということに対して、バイアグラのような副作用が発生するのではないか、と心配される方もいるかもしれませんが、そういった心配もありません。

 

 

原産国である東南アジアでは伝統医療でつかわれたり、滋養強壮のハーブとして通常に親しまれていたということもあり、マカやクラチャイダムなど、天然のハーブと同じように、飲むことができるのです。

 

 

トンカットアリの副作用は気にせず飲めるといいですね。

 

 

 

トップページへ